千葉設計ブログ

千葉設計ブログ
2016年6月7日

文京区テラスハウス現場

DSCN0259

こちらの現場はお隣がお寺なのですが、バルコニーから丸見えの状態です。
計画の段階から、ここに目隠しのパネルを取り付けることになってはいる
のですが、工事中の今の見え方はこの通り。
足場がはずれて、周囲との関係性がよくわかります。

DSCN0292

お隣との視線は住まいにとって、とても大事です。
今回の物件はお隣との距離が近いこともあり、型板ガラスを多用しています。
型板ガラスは視線を遮ってくれると同時に光をやわらかく拡散してくれます
ので、新しく住まわれる方もきっと快適に過ごせるのではないでしょうか。